books

2013年8月25日 (日)

「深夜特急」沢木耕太郎

20130825-1336_P1060205

20130825-1323_P1060202
ホントに今更ですが、大昔から読まずに本棚の肥やしになっていた深夜特急・全6巻を読了。
もっと若いうちに読んでおけばよかった6冊ですね、これは。

「ミッドナイト・エクスプレスとは、トルコの刑務所に入れられた外国人受刑者のあいだの隠語である。
脱獄することを、ミッドナイト・エクスプレスに乗る、と言ったのだ。」

20130825-1330_P1060203
ブレラのエンブレムがかなり劣化してきた。古くなるのも味だけど、イタ雑で通販して交換するか悩む。

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

宮脇俊三「時刻表2万キロ」,「最長片道切符の旅」

20130726-0902_P1050769
今年一番感動(感心)した2冊。もっと若い時に出会っていればよかった、なと。

時刻表2万キロの冒頭がシビレました。

「鉄道の「時刻表」にも愛読者がいる。時刻表ほんらいの用途からすれば、愛読の対象となるべき書物ではないが、とにかくいる。しかも、その数はすくなくないという。私もそのひとりである。」

20130725-0731_IMG_2216
こんな切符見たことない。

20130726-0903_P1050771
今更ながら、鉄女な酒井順子さんから、宮脇俊三先生に遡っていっきに読み終わりました。

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

予習

20130615-1336_P1050018
来週末の旅行の予習で「カコちゃんが語る植田正治の写真と生活」を読了。
娘さんの視点で父(植田正治)が描かれ大変おもしろかったです。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

ワード・オブ・マウス ジャコ・パストリアス魂の言葉(松下佳男 著)

20110116_IP400949
年末に新宿紀伊国屋書店でジャコ・パストリアスの過去のインタビューをまとめたを買いましたが、いまだ年を重ねるたびにジャコの素晴らしさを実感します。
それと、若きジャコとハンコックの出会い。こんないい写真があったんですね。

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

Alfa Romeo Giulia 1600 Sport Pininfarina

久しぶりに雑誌ENGINE(2010年12月号)を買いまして、一昨日Amazonから届きました。
アルファ・ロメオ誕生100年&本誌創刊10年号ですが、イタリア・クラシカ2010の記事がよかった。

AlfaRomeo_Giulia1600TZ2

Alfa Romeo Giulia 1600 Sport Pininfarina Coupe

ギャラリーアバルト自動車美術館オーナー小坂氏所有のこのピニンのドリームカーに心を奪われてしまいました。
幻のCanguroといっしょに実車を見てみたい。

ギャラリーアバルト自動車美術館

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

ながさきくんち(太田大八 作)

Photo
長崎くんち会場隣の夢彩都にある紀伊国屋書店で偶然見つけた太田大八先生の絵本の復刻版。
(初版は1980年)
自分の写真撮影の技術ではとても再現できない「くんち」の躍動感が見事に描かれており、思わず即購入。

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

平城遷都1300年(奈良)

新年あけましておめでとうございます。(ブログ更新が遅れてますが...)

R0026636_20100101
ケンズ井上さんの東大寺図鑑を片手に奈良公園の東大寺に来ました。
西暦710年の平城遷都からなんと1300年。奈良は今でも当時の都がそのまま冷凍保存されているようです。

R0026618_20100101
大仏様にお会いするのは30年?振りでしょうか。

R0026663_20100101
二月堂

R0026681_20100101
事前に予習しておいた司馬遼太郎先生の「街道をゆく(24)奈良散歩」にも登場する下ノ茶屋はこの建物かな?
屋根の鍾馗(しょうき)が目印のようですが、今は茶屋ではありません。残念。
近くの別な茶屋できつねうどんを食べます。
それと、昨日食べた鯛焼き屋さんに電話でオーダを入れておきます。

R0026714_20100101
初詣で大渋滞の春日大社から離れ、静かな「ささやきの小径」をゆっくり抜け、
志賀直哉旧邸向かいの素敵なカフェで少し休憩。

R0026729_20100101
一丁焼鯛焼き中の「こたろう」さんにまたまた来ました。
すでに予約分のみ焼かれているようで売り切れ状態。昼にオーダしておいてよかった〜
その場で食べない分は空港や自宅で食べます。

R0026734_20100101
さて、これから伊丹空港行きのリムジンバスにブロンプトンを載せて、東京に帰ります。
奈良駅に向かう途中の辰巳屋本家で買った奈良漬けもうまかった〜

奈良、気に入りました。自転車で走ると更にその良さがわかります。
また春か秋に是非来たいですね。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

塩の道・千国街道

今回の信州旅行には自転車文学としてランドナー乗りに愛読されている白鳥和也さんの「七つの自転車の旅」を持って、昨日の温泉宿にて第5章(白馬と糸魚川)から読み始めてしまったため、塩の道にどうしても行きたくなってしまったわけです。

P1000313_20090818
ホテルをチェックアウト後、ブレラで国道148号を北上します。
雪が少し残る北アルプスの山々が素晴らしい。
ここは白馬森上あたり。ついに糸魚川への標識が出てきました。

P1000333_20090818
千国(ちこく)駅の手前で県道433を左折し、旧道の途中に茅葺きの牛方宿がありました。

P1000323_20090818
かつて、荷をつけた牛を引く牛方と牛が同じ屋根の下で疲れをいやした宿だそう。

P1000394_20090818
スキーバスで来た懐かしい八方尾根などに寄りながら、またまた安曇野ジェラートの彩香に来てしまいました。

P1000414_20090818
旅の最後は安曇野ワイナリーに寄ります。

P1000416_20090818_2
残り5本のシャルドネ・シュール・リーをゲット!
これで安心して東京に戻れます(笑)

Photo
「七つの自転車の旅」

| | コメント (2)

2008年8月16日 (土)

サイクル野郎(1974〜82年)

R0018692_20080816
普段読まない漫画を買うのは久しぶり。小学生時代に大好きだった日本一周自転車旅行の「サイクル野郎」がオンデマンド出版で復刻されているのを知って、北海道ツーリング編(5巻〜11巻)を注文してこのお盆で読みました。
宗谷岬へ向かう感動のラストシーンだけなぜか覚えていたんですよね。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

三浦半島(神奈川県三浦市)

天草ではデミオでしたので、今週はブレラでまた半島を走りたくなりました。

R0017474_20080316
三浦海岸から三崎港に抜ける県道215の途中で江奈湾を望みます。

R0017513_20080316
いつも通過してしまう場所でしたが、なかなかよいですねここは。但し、漁師さんの邪魔にならないよう長居してはいけませんね。

R0017510_20080316
アルフレッド・ウォリスの作品のような水色の小舟。

R0017536_20080316
帰りの国道134は三浦縦貫道入口まで大渋滞でした。キャベツ畑の先に夕日が沈みます。

Photo_2
また、司馬遼太郎先生の「三浦半島記」を買ってきました。

| | コメント (0)